PLANET GREEN 株式会社プラネットグリーン

0120-952-316

受付時間
9:00~18:00(年中無休)

【Q&A】太陽光発電システムについて

太陽光発電システムの発電量は季節に関係ありますか?

太陽光発電は天気に大きく左右されます。
当然ながら、曇りや雨の日は太陽の光が弱い為、発電量は落ちます。
年間を通して一番発電する季節は3~5月、8月で、日照時間が長い春、そして晴れの日が多い夏場です。
イメージだと夏場の方が発電するのでは?と思いますが、「温度上昇によるロス」が影響しているのです。
モジュール性質上、表面温度が高すぎると発電能力が落ちる傾向にあります。
夏の炎天下では屋根上はかなりの高温になりロスが発生するのです。

屋根の傾きや方角は発電に影響しますか?

太陽光発電は太陽の光を浴びて発電するシステムですので、より多くの太陽光を吸収できる状態をつくる事で発電量は増えます。
設置する方角は「真南」がベストです。反対に「北」はメーカーも設置を推奨していません。
理由は、反射光の問題で周辺住宅への光の乱反射がおき、撤去を余儀なくされている事例がある為です。「北東」や「北西」など北かぶりの場合は、状況によっては設置しない方が良い場合もあります。
東・西面に関しては、真南ほど効率はよくありませんが十分発電しますので、東西の屋根両方に設置できるのであればメリットは大きいと言えます。
勾配に関しては、30度(約6寸)が理想的な傾斜角度です。
ただし、地域によって日射角度が異なる為、それにあわせた角度にするとなお良いでしょう。

太陽光発電システムの設置にはどのくらいの日数がかかるの?

設置工事は約1~2日です。
設置状況や容量にも異なりますが、基本的には1日で完了します。
設置工事が完了してから実際に発電が開始するまでは、補助金申請や系統連系の手配などを行う為、1ヶ月~2ヶ月ほどかかります。

引っ越しや建て替えをしたい場合はどうすればいいの?

事前にご相談下さい。
太陽光発電システムは移設可能ですが、引越し先や建替え後の屋根形状などによっては、レイアウトや使用部材の変更が必要になる場合もあります。
ご予定がある場合は事前にご相談下さい。

太陽光発電システムを設置する費用はどのくらいかかる?

目安は補助金の支給条件です。
設置費用の目安は、国補助金制度の支給条件である1kWあたりのシステム価格で考えると良いでしょう。実際には、ご家庭の屋根状況やお客様のご要望に応じて設置価格は異なります。

災害の補償はどうなっているの?

1.【雷】対策
太陽電池モジュール自体、雷を受けやすいものというわけではなく、過去30年間に太陽電池モジュールが直接落雷を受けた事例はほぼありません。
直接屋根の上に雷が落ちて被害を受けるというよりは、近くに落雷し、そこからの間接的な電流の被害を受ける可能性があります。
その為、パワーコンディショナには「誘導雷対策機能」があり被害を食い止められるようになっています。
2.【地震】対策
太陽電池モジュールは、ねじれ、振動などを確認する試験や強度計算など充分な検討をした上で設計されています。
東日本大震災時でも家が倒壊さえしなければある程度の地震には耐えられる事が実証されています。
耐震に関しては、太陽電池モジュールの重さは1枚あたり約15kg程度で、4kwのシステムを設置したとすると約250~300kg程度になります。
築年数が30年以上のご自宅の場合は、屋根の上に加重がかかることに変わりはありませんので、事前に耐震診断などを行って確認するとよいでしょう。
3.【風・台風】対策
台風が多い日本では強風対策は必須です。
陽光発電システムを屋根に取り付ける際の強度は、建築基準法の最大風速にも耐えられるよう定められています。
この最大風速は建物に適用されており、建物が倒壊してしまうのであれば屋根に取り付ける太陽光発電も損害を受けるため、この基準を用いて設計されているのです。(気象庁では、平均風速30m/秒以上の風が吹くと屋根が飛ばされたり、木造住宅だと全壊し始める風と定義しています)
風速は設置する地域によって異なり、沿岸部やビル群が立ち並ぶ地域などでは強化固定をする必要があります。
4.【積雪】対策
基本的に太陽光パネルの上に降った雪はパネルの熱で溶かされ、下に落ちていきます。
積雪が多い地域に関しては、積雪対応用の架台を使用する事になります。
家が隣接している場合は、落雪による問題がおきないよう注意して設置します。
5.【火災】対策
火災の場合は、すでに加入している住宅用の火災保険が適用になりますので、太陽光発電の火災補償に関しては、不足分を補う形になります。
太陽光発電を設置する際は、この火災保険の内容についても見直すと良いでしょう。
6.【ひょう】対策
JIS規格では1mの高さから直径38mm、227gの球を落とし太陽電池モジュールのガラス部分に破損がおきないかを調べます。
このテストにクリアしている太陽電池モジュールですので心配はありません。

Q&Aトップへ戻るページの先頭へ

取扱い商品

会社案内